温熱療法(気熱療法)とは

アクセス|〒241-0032神奈川県横浜市旭区今宿東町637 藤巻ビル1F Tel.045-515-4616 営業時間10:00~19:00 定休日:日曜・祝祭日

気熱療法とは?

気熱療法とは温熱療法の1つです

気熱療法とは、温熱療法の一つである温灸治療を私の師匠である田中吉人先生が更に研究し進化させたもので、専用の温灸器を用いて血流や気の滞りがある部分に熱を加えて症状を改善する療法です。
温灸器は40度~42度位の熱めのお風呂ぐらいの温度ですが、痛みのある部分や凝り、滞りのある部分では実際の温度よりも熱さを感じます。
西洋医学で行う手術や薬による療法と違い、症状を抑え込まない療法です。
痛みやしびれ、発熱、発疹、皮膚症状など全ての症状というのは体が外部からの病原菌や公害などによる有害物質と戦ったり、不規則な生活リズムや食生活の乱れ、あるいは薬物使用により崩れてしまった生体のバランスを正常な状態に戻そうとしたりして、体が頑張ってくれている証です。
これがいわゆる自然治癒力と呼ばれているものです。

人間本来の「自然治癒力」を手助けします

気熱療法ではこの自然治癒力がうまく働けるように手助けをいたします。
人によっては治療後にだるくなったり眠くなったりすることもございますが、これがいわゆる好転反応(正常化)と呼ばれている反応です。このような状態が出るほど治癒が早いものなのです。
腰痛、肩凝り、ぎっくり腰や捻挫などの急性の痛み、交通事故の後遺症、手術後、出産後のケア、スポーツ障害、慢性病、その他原因のわからない症状など、あらゆる症状に対応致します。

▲ Page Top